同じように見える教材を選ぶ

すららと同じ無学年方式の先取り教材をざっくり比較。先取り学習に最適なのは…

すららは無学年方式なので先取りが得意ですが他の教材よりさかのぼりも得意です。先取りや発展学習で伸び悩んだ時に頼りになるのがつまずき防止機能。これさえあれば、塾や家庭教師に高い授業料を払わなくてもあやふやな基礎を最速で積み直せるスグレモノ。

同じ無学年方式でも他社教材が「進むこと」「先取り」中心である中、進みながら戻るところは戻りつつ学習の宿敵「抜け」「もれ」「忘却」を技術の力で解決したのがすらら。先取りしたいときにも、伸び悩んだ時にも大活躍してくれます。

無学年方式の主な他社教材は、スタディサプリ、RISU、くもんです

すららとの違いをざっくり比べてみます

良い点と悪い点を比較

こんにちは小倉あずきです

お子さんが優秀だったり、保護者の方の意識が高いご家庭は

先取り学習でもっと伸ばしてあげたいと思うことも多いはず。

先取り学習しているなんてすごい!ですが、

やり方を間違えるとせっかくのチャレンジが台無しになることもあります。

安全に確実に先取り学習できるように準備してから始めましょう‼

先取り学習で注意しておきたいこと

先取り学習で取り組む教材は1学年上が多いと思います。

4月生まれで、余力のあるお子さんであれば問題なくこなせる場合もありますが、

一年生が足し算を習おうというときに、引き算もとばして掛け算から習うようなことです。

足し算なんて簡単だと思われがちですが、

足し算には数学の基礎があります。

足し算を習いながら数の感覚を養うことが重要なポイントで、

足し算の例だけでなくどんな基礎にも重要な意味があります。

子どもには適齢があって、今やるべきことをおろそかにしてはいけないし、

賢いお子さんであっても、発達にあわない教材は理解できなくても当然のことです。

個人差もあるので、適齢教材であっても今はまだ理解できないなんてこともよくあります。

また、先取り学習は受験対策とは異なります。

受験対策の下準備、基礎の先取りがメインです。

基礎があやふやなところに応用を積んではだめなのです。

よくあるケース

先取り学習に取り組んでいると、学校で習うことに新鮮味がありません。

知っていることだからできるだろうと思い、実際はじめのうちはできるので

だんだんと取り組み方が雑になり、

勉強が難しくなってくる頃に基礎があやふやなまま積み上げてきたことに気づくというのが

よくある、そしていちばんキツいパターンです。

基礎が不安定である場合は戻って学び直しが必要になりますが、

人は戻るのが嫌いな生き物なので戻れず、

苦手の上に苦手を積み増して成績は低迷します。

前は得意だったのに…とがっかりする気持ちがなによりつらいです。

学年別教材で先取りするなら

Z会を先取りさせてつらい思いをされる方のお話もたまに伺いますが、

Z会などの学年別教材だけで先取りをするのは、親がよほどしっかり見られる場合以外では無理です。

子どもが取り組む前に、親が先取りして何をどのレベルまでやるのか分かったうえで

基礎学習がどこにつながるのか、先取りさせる部分はどこなのかをよく考えて

負荷がかかり過ぎないようにきめ細かく注意深く進める必要があります。

Z会で先取りを考えるなら無学年方式の教材であるすららと併用すると

基礎学習の部分をまるまるカバーできるので安全に進めることができます

というか、先取りで応用まで望まない場合はすららだけで充分なので、

物足りなくなったときにZ会を追加でもよいかもしれません。

☛個別最適化無学年制教材!【すらら】公式WEBサイトを見てみる

早く始めた子が後から始めた子に追い越される話

受験対策はいつの時代も同じことが繰り返されます

先に始めていると初めのうちは有利です

教わって知っていることが後発組より多いからです。

これを実力と錯覚すると同じ勉強をする間に並ばれます。

そして努力と自力にまさる子が抜けだしていきます。

また、初めのうちは基礎学習がメインなので差がつきにくく、

経験値の多い子のほうが点数が取りやすい。

学年が進むにつれて発展問題、応用問題の取れる子が伸びてくる。

基礎の部分が完成していること+発展+応用

の順で点数が変わってきます。

基礎があやふやということのリスクがここにあるのです。

基礎問題しか解かなかったとしても完璧にできれば50点。

基礎ができていなければ次の50点で得点は安定しません。

先取りするなら無学年教材を選ぼう

学年別教材の一年分のカリキュラムだけを先取りするのは微妙です。

適齢学年のカリキュラムを消化せずに次の学年のカリキュラムから取り組むと

基礎が不足します。

次の学年から始めてもできるようになってはいますが、その年齢になった子なら理解できることであって、先取りで一学年下の子が理解できるようにはなっていません。

受験準備を早めに始めたいご家庭が多いことから塾でも低学年コースはありますが、

先取りをしているわけではなく、頭を使う練習をしているのです。

無学年方式の教材であればこのような心配はなく、

できるものを基礎から始めてどんどん進めることができます。

無学年方式の先取り学習教材すららを他社教材と比較

すららは無学年方式なので先取りが得意ですがさかのぼりも得意です。

先取り学習や発展学習で伸び悩んだ時に頼りになるのがすららの特許技術、

つまずき防止機能。

これさえあれば、塾や家庭教師に高い授業料を払わなくても

あやふやな基礎を最速で積み直せるスグレモノなのです。。

無学年方式でも他社教材では「進むこと」「先取り」中心である中、

進みながらもうっかり間違えるところでちょこっと戻って解法を補いつつで

学習の宿敵「抜け」「もれ」「忘却」を技術の力で解決したのがすらら。

先取りしたいときにも、伸び悩んだ時にも、総復習にも大活躍してくれます。

☛個別最適化無学年制教材!【すらら】公式WEBサイトへ

無学年方式の主な他社教材は、スタディサプリ、RISU、くもんです

すららとの違いをざっくり比べてみます

【すらら対スタディサプリ】

スタディサプリは神授業見放題ですばらしいのですが、小4以上です。

塾の授業で理解しきれなかったときや、時間が経って忘れてしまった時、などに利用価値大です。

先取りもさかのぼりもできますが、なにをどう学ぶか(それをカリキュラムというのですが)を本人または保護者が考える必要があります。なので、公立中学校生限定の個別指導コースがあるのですが、月1万円以上します。

また、あくまでも神授業を聞いてすごい!なるほど!と思える(タイプのお子さん)かという点と、

それをアウトプットするために市販の練習問題を購入してこなさなければ定着しません。

この最適な問題集選びの手間は重要で、結構疲れます。

【すらら対RISU】

算数特化型で算数だけを高度に伸ばすには素晴らしい教材です。

無学年方式で、AIで、自動出題で、人のサポートもついているのですららと似ています。

専用タブレットが必要であったり、料金がわかりにくかったりで

利用しにくさがネックです。

この点すららは主要教科の先取り・さかのぼりを自在にして基礎学力を徹底強化する教材で

webブラウザですぐに始められて月額料金のみの明朗会計ではじめやすいです。

☛個別最適化無学年制教材!【すらら】公式WEBサイトを見てみる

【すらら対くもん】

くもんは無学年で先取りできます

公文をやると計算が早くなる。漢字が練習できる。英語を書く練習ができる。

くもんが現在の教育に合っていないのではという記事を別に書いています

関連記事☛

公文にする?Z会にする?高学年になったら出るみんなの結論は…

くもんはひたすら自学するスタイルで、授業は受けられません

すららはアニメと声優さんによる非常にわかりやすい双方向の授業(レクチャー)が受けられます

これ、すごくわかりやすくて、楽しい。

子どもには成長に応じてできることとできないことがあるので

やみくもな先取りは危険というのが個人としての考えなのですが、

あんなにわかりやすくやられたら、たぶん分かっちゃいます。

1回でわからなくても、ドリルで繰り返されているうちに分かるようになっちゃいます。

あらかじめ知っておいてから授業で聞くと楽である科目はあって、

繰り返し学習、覚える学習、たとえば英語、歴史などがありますが、

理解はできるけど忘れちゃう人には過酷で、

ルーティン的にずっと回し続けるのはテキスト選びと継続力とどちらも必要になり、

そんなわけで自分が大変苦労したので

こんなコンテンツがあったらもうドラえもんの道具じゃないかと思えます。

この分野だけでもすらら使う価値絶大だと思うわけです。

☛個別最適化無学年制教材!【すらら】公式WEBサイトを見てみる

すららがすごいところはアプリ感覚で完全個別指導ができてしまう教材だということ。

無料体験もできますが、

体験だと先取り、さかのぼりのちょうどよく出題してくれるドリルやテストが使えないので、

まずは1か月だけでもやってみるほうが早いかもしれません

ぜひおためしを!

ではまた! (小倉あずき)

関連記事

すららを検討する際に気になる情報をまとめました。無学年方式のすららがいちばん得意なのは苦手克服ですが、その次に得意なのは先取りです!費用、休会、退会、活用法まで完全ガイドします こんにちは小倉あずきです すららを検討する際に気にな[…]

すららでみんなハッピー
関連記事

すららは個別指導や家庭教師の面倒見の「いい先生」にあたるとできることが、webでできる教材です。お手持ちのPCやタブレットでアプリのように学習できておそろしく簡単に使えるのに、中身はすごい技術がいっぱい詰まっています。 こんにちは小倉あず[…]

すららで成績アップ